• 調査事例
  • 電話 お問合せ

駐在員と駐妻のW不倫調査

タイで日本人駐在員と、別の駐在員の妻がW不倫をした事例をご紹介します。依頼者は今回のターゲットとなった駐在員の妻の女性。バンコクで暮らすこの女性は、最近の夫の様子の変化から浮気を疑い、トラストジャパンに調査を依頼されました。

ご存知の通り、バンコク、シラチャ、チェンマイなどを中心にこの国では沢山の日本人が生活をしています。駐在員が浮気に走るケースも珍しくないのです。真相を掴むべく調査に乗り出しました。

駐在員と駐妻のW不倫調査

スクンビットのレストランで尾行

ある日の帰社時間、ターゲットの姿はスクンビットのとあるレストランにありました。日本人に馴染みの深いこのエリアですが、実際この日、ターゲットは「会社の会議のため遅くなる」と依頼者(妻)に伝えていた日でした。何かあるとスタッフは考え、尾行をしました。

レストランに現れたのは、とある日本人女性。仲睦まじそうに会話をする2人はその後、別のバーへ移り、数時間後、タクシーで移動。調査員もバイクでこのタクシーを尾行。行き先は、スクンビットの高級ホテルでした。

スクンビットのレストランで尾行

調査報告とその後

ホテルに入っていく様子と一部始終をビデオカメラに押さえることに成功した調査員は、後日調査報告書と映像を依頼者様に提出しました。調べを進めたところ、相手の女性にも夫が居たため、今回はW不倫だったことも発覚しました。

慣れない土地で気心が知れ合うと、家族を持つ身であってもこのような不貞に走ってしまうケースは少なくありません。現在は離婚を視野に入れ、依頼者様(妻)と弊社が紹介した弁護士との間で話を進めています。

調査報告とその後
  • タイ 企業調査
  • BTSトンローに事務所あり
  • タイでの浮気調査・行動調査