• 調査事例
  • 電話 お問合せ

日本人不倫カップルのバンコクでの浮気調査

■相談者
30代後半女性
■依頼内容
以前日本で浮気をされていたが、どうもタイ出張と偽って海外で浮気をしているようなので、証拠を集めて欲しい。
■結果
バンコクで浮気の証拠を獲得。

今回のご依頼は、初めからタイでの浮気調査をして欲しい、といった内容でした。
通常、浮気調査のご依頼がある場合「浮気調査をして欲しいが、費用はどれくらいかかるか?」「浮気調査をして欲しいが、どういったエリアで対応できるか?」などのご相談が多くなります。
このケースでは、過去に日本国内で浮気をされたということもあり、浮気の事実がかなり濃厚で、タイで浮気をしているらしい、といった情報まで掴んでのご依頼となります。
結婚して5年になる夫婦。奥さまは何度か夫の浮気に苦しんだ経験があるようで、今回も浮気をしていることが明確になれば、離婚調停に持ち込みたい、といった話までされていました。
早速打合せに入ります。このようなタイでの浮気調査になった場合、不倫をしているカップルも行動が大胆になりがちですので、短期間で決定的な証拠を獲得できることが多くなっています。

日本人不倫カップルのバンコクでの浮気調査

依頼者様との打ち合わせと調査の実施

ご相談があってから二か月後、「夫からタイに出張に行くといった話を聞いた」という連絡が着ました。
早速航空機の手配、ホテルの準備をし、調査をスタートします。 日本を出国するタイミングでは、対象者は一人でした。
おそらく現地で合流するパターンでしょう。警戒心の強い対象者の場合、こういった風に工夫される人が多くなっています。
スワンナプーム空港に到着。その日の対象者は一人でバンコクのビジネスホテルに泊まり、他の女性と会うことはありませんでした。
2日目。この日もタイ現地の事業所に行き、まっとうに業務をしている以外は怪しい行動はありません。 まさか、今回は本当に出張だったのか…と思っていた矢先、夜になると見知らぬ女性と合流します。
ビジネスホテルから、少し格式高いホテルに移動。おそらくこの人物が浮気相手でしょう。 三日目の行動はあからさまでした。数々の浮気行為を行い、証拠資料も十分に収集できました。
依頼者様に報告を入れ、調査報告書を作成し、内容を報告。 依頼者様はあきれたご様子でしたが、これで離婚を決意されたようです。

依頼者様との打ち合わせと調査の実施
  • お問合せ
  • 日本人が業務全般を担当
  • 不倫カップルの浮気調査