• 調査事例
  • お問合せ 電話番号

シラチャ取引先とのトラブル

シラチャ、通称シーラーチャー郡は、タイのチョンブリー県の郡の1つです。

小さな街ではあるものの90年代から日系企業が多く進出し、工業地帯が形成されました。現在は、多くの日本人が生活しており、今回はこの街が舞台になった話です。

依頼主は現地で事業を行う日本人社長から。現地の取引先とトラブルになり、得られるべき報酬を得られていないとのことでした。

シラチャ取引先とのトラブル

取引先のタイのメーカーがクレーム

依頼者様の企業は工業製品を製作し、販売しているメーカーですが、商品に対し、取引先のタイの企業がクレームをつけてきたそうです。

製品の改ざんを要求し、改ざんされるまでお金は支払わないとのことでした。

ただ、依頼者様の企業はクレームの対象となるような商品は販売していないとのことで、話がまとまらないとのことで今回依頼をされました。

ただ、このままだと話は平行線のままと判断したトラストジャパンは、提携する現地の弁護士を呼び、調査を進めました。

取引先のタイのメーカーがクレーム

現地弁護士と調査を進めた結果

その後、詳しく製品を解析し、クレームの対象になるようなものではないと弁護士は判断しました。

の企業は、他の取引先にも何かと言いがかりをつけ、報酬を踏み倒すといった行為もよく行っていたようです。

弁護士がその後も話を進めることで、対象企業は折れ、その後無事に報酬を得られることができました。

ただこのようなトラブルは既に数多く報告されており、今後も増えるものと見ています。タイで企業が関連したトラブルはトラストジャパンまでご相談ください。

現地弁護士と調査を進めた結果
  • お問合せ
  • 日本人が業務全般を担当
  • タイ 企業調査