• 調査知識
  • 電話 お問合せ

日本人の多い街「シラチャ」

タイに「シラチャ」という街があります。タイのチョンブリー県の群のひとつで、BTSエカマイ駅すぐのバスターミナルから約1時間30分ほどです。

もともと漁村だった街ですが90年代以降日本企業の進出が目立ちはじめ、現在は世界でも有数の日本人街として成長しています。

バンコクやチェンマイほど名は知れていないかも知れませんが、日本人は4000人ほど住んでいるといわれており、バンコク以外で唯一日本人学校がある街でもあります。

調査で立ち入ることも多いこのシラチャという街の特色についてお話ししていきたいと思います。

バンコクとはまた違った魅力

シラチャにはナイトマーケットや日本人街、日本食レストランなども存在します。

バンコクのタニアに近い印象かもしれませんが、また違った魅力があります。日本人駐在員の姿も多く見られ、夜はカラオケやパブなどナイトクラブで賑わいます。

また、中心街から少し外れた場所に位置する日本村「J-Park」は、日本のショッピングモールをモチーフとした作りで賑わいます。街の印象から、この街の発展はまだまだ続きそうです。

シラチャから報告された投資詐欺

小さな街ですが人口密度が高く、日本人の割合も多いシラチャからは、これまでもトラブルがいくつか報告されています。なかでも、投資に関する詐欺が多かった印象です。

コンドミニアムは少ないですが、利回りの高い転売物件が多く、この街の不動産投資を目論む日本人も少なくありません。

そうした日本人の心理を突き、優良物件を紹介するうえで高額な手数料を請求し、そのまま連絡が取れなくなってしまうような事例です。

シラチャのトラブルに対応致します

シラチャから報告されるトラブルは他にもあります。男女の不貞問題で、これは単身赴任する夫と現地のホステスの女性の浮気、不倫といった事例が多いです。

詐欺や不倫など、いずれのケースの疑惑も、現地で検証し、真相を解明していくことが可能です。タイ全域で調査を行うトラストジャパンは、シラチャでも詳細な調査を行うことができます。ご相談は随時受け付けております。

  • お問合せ
  • 日本人が主体の調査