• 役立つ 豆知識

事実婚の多いタイ

タイも日本と同じく、入籍といったシステムを導入しています。 国が認める正式な夫婦になるためには、入籍をしなければなりません。しかし、タイではこういった入籍に関して独自の文化があります。
結論から言うと、事実婚が多いのです。これでも、タイ人の当事者、家族、知人などは二人を結婚しているもの、とみなし祝福します。
日本人の感覚からいうと信じられない部分もあるかもしれません。 タイ人の場合、結婚の「形式」にはあまりこだわらないのです。その反面、結婚の「慣習」についてはある程度従順です。
例えば結納金。男性側から女性側に送るのは日本とも変わりませんが、この金額については、一般的に「美人である、格式高い家の生れである、学歴が高い」などの要素があると一般的な相場よりも高い結納金がもらえます。
事実婚の場合でも、女性側の家庭に男性が婿養子のような形で入るケースが多く、稀にこの結納金の額について文句を言ってくる女性側の両親もいるくらいです。

事実婚の多いタイ

タイで事実婚が多い理由

タイでの事実婚が多い理由として、明確に何かがある、といったようなものはありませんが、いくつか原因と考えられることがあります。
その一つとして、婚姻制度が女性に不利になる、タイには相続税が無い、といったようなことが関わってるようです。 更に、タイ人の特徴と言えるマイペンライ精神も関係していると言えるでしょう。
実際に法的に入籍をしていなくても、二人が結婚していればいい、問題ない、といった風に考えている人も多くなっているのです。
もちろん、事実婚でも子供を複数人産んで当然のように育てている家庭もあります。 これに対して両親などからお咎めを食らうこともなく、むしろ子供は両親世帯も含めて家で育児をしていこうといった考え方が一般的となっているのです。
こういったこともあるため、タイ人男性、女性とお付き合いするときにはある程度の注意が必要です。
結婚していない、といった事が事実であったとしても、その裏で事実婚の配偶者がいるケースも多くなっているのです。
法的な入籍関係がないと、実際に結婚しているのかどうかについても調べにくくなります。
タイ人女性の場合、IDカードで法的に結婚しているかどうかを確認することもできますが、もちろん事実婚の場合はこういった事にも反映されません。

タイで事実婚が多い理由
  • お問合せ
  • 日本人が業務全般を担当
  • 総合探偵社トラストジャパン 海外オフィシャルサイト