• 役立つ 豆知識

タイ人のビジネス観

タイでビジネスをしようと思っている方、または現地タイに事業所を作ろうと思っている方。そういった人はしっかりとタイ人のビジネス観についても知っておく必要があります。
日本には日本のビジネスマナーや常識があるように、タイにはタイのビジネス観があります。 基本的に、日本人よりも楽観的な人が多いタイ。とはいっても、自分の仕事となってくると話は変わってきます。
特にタイ企業のエグゼクティブなどになると、当然のように英語を話すことができます。下手に日本語英語のような対応をするよりも、しっかりと通訳を付けている方が対等に扱われやすくなります。
時間にもルーズなことが多いタイ人ですが、一般的な企業の従業員となるとそういったことはありません。逆に、信じられないくらいの渋滞に巻き込まれ、日本人側が遅れてしまい非難されるケースも多くなっています。

タイ人のビジネス観

タイで従業員を雇う場合

タイ現地で工場を持ち、タイ人を雇うといったようなケースもあるでしょう。 そういった場合、日雇いのタイ人などを雇う際にはある程度の覚悟が要るかもしれません。
例えば、建設現場にも関わらず、Tシャツ、半ズボンなどで出勤してくるタイ人もいます。 特に日系の企業になると、いろいろな備品などについても準備してもらえている、といった先入観を持ってくる場合もありますので、出勤前にはしっかりと準備するものなどを伝えておいた方がいいでしょう。
タイ人に指導をするときにも注意が必要です。ビジネス上で失敗をすると、相手を指導したりするのは当然のことですが、タイ人の場合プライドが高く、特に他の従業員がいる場で叱られると反抗をしてくる場合もあります。
指導する場合はそれなりの場を設けて、一対一で真摯に向き合う必要があります。 さらに、ビジネス界においても、タイ人は権力になびきやすい傾向があります。 日系の企業などでも大手企業になると、かなりこびへつらってくる人がいるのも事実。
逆に、相手が自分より隠したと思うと徹底的になめられてしまいますので、管理者の立場にある人はそういった面も把握しておく必要があるでしょう。

タイで従業員を雇う場合
  • お問合せ
  • BTSトンローに事務所あり
  • 総合探偵社トラストジャパン 海外オフィシャルサイト