• トラブル相談 知識
  • お問合せ 電話番号

タイの売春事情

日本で女性と肉体的な関係を結び、そこに金銭が介在すると売春となり法律で罰せられます。 しかし、タイではこの売春が合法化しているのです。
タイには複数のナイトスポットが存在します。
たとえば、日本でいうキャバクラ、クラブのような「カラオケクラブ」。ラウンジのような「ゴーゴーバー」。通常のバーに女の子がたくさんいる「ビアバー」。日本で言う低料金短時間型の風俗「置屋」。
これ以外にも、歓楽街周辺に行くと多くのタイ人女性が声をかけてきます。いわゆる、娼婦のような人たちです。
特にこういったお店が多いのが「タニア通り」「スークリット通り」といったような地域です。
売買春が合法となっていますので、多くの日本人観光客、タイの駐在員などがタイ人女性と遊んでいる光景を見かけます。 日本のシステムと違うところは、ほとんどのこういったナイトスポットが女の子の連れ出しができる(=買春ができる)といったところです。
夜間にこういった歓楽街に入ると、非常に活気があり、日本の風俗街などのような怪しげな雰囲気はありません。 丸でお祭りのような雰囲気に驚く人も多いようです。

タイの売春事情

トラブルも起きやすい歓楽街

このような歓楽街ではいろいろな欲望が渦巻いていることもあり、当然、トラブルも起きやすくなっています。
こういったタイのナイトスポットを楽しもうと観光に来た日本人観光客グループがいわゆる「暴力バー」などで大金を巻き上げられたり、中には、連れ出した女の子に一服盛られて身ぐるみをはがされたりするケースも多発しています。
こういった歓楽街に言っていたという後ろめたさもあってか、タイ現地の警察に訴えない人も多くなっています。
問題が明るみになり、自分の勤めている会社、家族などに知られるのを嫌がる日本人も多いです。
トラストジャパンはさまざまな事情を考慮しながら、探偵調査により、そういったトラブル解決の糸口を探すことができます。
歓楽街でこういった犯罪性のある事件に巻き込まれた場合、「客観的な証拠」が用意できないとタイ現地の警察が動いてくれない可能性もあります。

トラブルも起きやすい歓楽街
  • お問合せ
  • 探偵
  • 総合探偵社トラストジャパン 海外オフィシャルサイト